デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

口は閉ざされた

f0054227_2350174.gif
f0054227_13313745.jpg
(写真:AP)

米諜報機関が殺害 遺体を確保
米CNNは1日、2001年9月11日の米中枢同時テロを首謀者した国際テロ組織アルカーイダの最高指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者が死亡したと報じた。米政府が遺体を確保したという。ビンラーディン容疑者はパキスタンの首都イスラマバード郊外で家族と一緒にいたところを米諜報機関に殺害された。報道を受け、オバマ大統領が会見した。同時テロをはじめとした反米テロ活動の“象徴”となっていたビンラーディン氏の死亡で、米国の「反テロ戦」はこれまでで最大の成果を達成した。ただ、アルカーイダの残存組織はいまだ世界各地に残っており、最高指導者が死亡したことで、テロ活動などの動きが一気に高まる恐れも出ている。米国は同時テロ直後、ビンラーディン氏を最重要容疑者として、同氏をかくまっていた当時のアフガニスタンのタリバン政権に身柄引き渡しを求めたが、タリバン側はこれを拒否。01年10月からアフガニスタンでの空爆に踏みきった。タリバン政権は同年12月に崩壊したが、ビンラーディン氏は東部のアルカーイダ拠点、トラボラに潜伏していたことが確認されたのを最後に具体的な消息が分からなくなっていた。しかし、02年10月、インドネシア・バリ島のディスコで発生した爆弾テロについて、翌11月にカタールの衛星テレビ局アルジャジーラが、テロを称賛するビンラーディン氏の録音テープを放送。米国当局もテープが同氏の肉声であることを確認していた。
同時多発テロの起きた3ヶ月後の2001年12月中旬にアフガニスタンのトラボラ渓谷内の洞窟に潜伏している情報をアメリカ軍がキャッチ、捕獲しようとしたが、現地指揮官からの増派要請を本国が拒否したために失敗した、という事が米上院で報告されていた。
なぜ増派要請を拒否したかは調べていないが、「そんなにすぐ捕まえるなよ」的なやりとりがあったのでは無いか?と陰謀説好きなオレなどは妄想してしまう。

それから先10年間。身長194㎝という普通に歩いていても目立つであろう人工透析の必要なFBIの最重要指名手配者でCIAの最優先追跡者は、様々な潜伏先情報、生死の情報が錯綜する中、パキスタン情報機関や地元住民に保護され、洞窟では無くパキスタン国内の家屋で快適に暮らしていると昨年末に報道もあった。
世界の警察アメリカの威信をかけて捜索されている大男が、特に逃げも隠れもせずパキスタン国内で暮らせていた理由はオレ的にはよくわからない。
殺害されてしまったので、本人の口から語られる事も無い。「地震兵器が日本攻撃」説を唱えていたベンジャミン・フルフォード氏がそのうち著書を出版するかもしれないw

殺害されたことで日本の株価を上げ、NY原油や金先物価格まで下落させた男ウサマ・ビンラーディン。これは終わりの始まりなのだろうか。

東証、一時1万円台を回復 ビンラディン容疑者死亡で
NY原油、金先物が下落 ビンラディン容疑者の死亡報道で

f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2011-05-02 23:30 | News