デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

地震は天災。原発事故は人災?

f0054227_2350174.gif
f0054227_11434829.jpg
(写真:時事通信)

福島原発事故は「神の仕業」=東電の責任否定-与謝野経財相
与謝野馨経済財政担当相は20日の閣議後会見で、東京電力福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べた。同原発の津波対策に関しても「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」と語り、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だとの考えを重ねて強調した。今回の原発事故をめぐっては、安全対策の不備や人災だとの指摘が国内外から出ている。「最高の人知」や「神による異常な自然現象」という論理で東電を徹底擁護する主張には、「原発は安全」と説明されてきた地元住民らからも批判が出そうだ。
ホーキンス博士には一笑に付されそうなコメントで、しかも日本の経財相の口から出ているというのは、どうにもやはり日本国の不幸というべきなんだろう。一般人的には日本は八百万の神々の国で、地震も津波も万馬券が当たるのも神様のなさる事なんですけどw

確かに地震と津波は人知の及ばない大自然(神)の行いな訳だが、「原発事故」は後から情報が出れば出るほど人災と言わざるを得ない。与謝野さんは東電を擁護しているけど、下の記事からすると確かに東電よりは菅直人首相の責任。
だがさらにその下の記事では官邸は真っ向から否定。
「言った言わない」「責任の擦り付けあい」というお約束の事態になってきている。
こういうのを見てると人災だねw

1号機海水注入、官邸指示で中断
「20時20分から、現地では第1号機に海水を注入するという、ある意味、異例ではありますけれども、そういった措置がスタートしております」(菅首相、3月12日)1号機の原子炉への海水注入は当初、3月12日の午後8時20分から始まったとされていましたが、実は1時間以上早い午後7時4分に開始されていたことが、今月16日に東電が公開した資料に明記されています。真水が底をついたため、東電が海水注入に踏み切ったものですが、政府関係者らの話によりますと、東電が海水注入の開始を総理官邸に報告したところ、官邸側は「事前の相談がなかった」と東電の対応を批判。その上で、海水注入を直ちに中止するよう東電に指示し、その結果、午後7時25分、海水注入が中止されました。(後略)

【原発】「官邸指示ではない」1号機の海水注入中断
福島第一原発1号機で、震災の翌日に原子炉への海水注入が1時間近く中断したことについて、細野総理補佐官は「官邸の指示ではない」と強調しました。海水の注入は3月12日の午後7時4分に始まり、25分にいったん停止、そこから55分間、冷却が中断した状態になりました。細野総理補佐官:「官邸としてはまったく把握していなかった。私が知ったのは相当、後になってから」一方で、東京電力は「政府側で再臨界の可能性を協議していると知り、中断した」と説明しています。結局、危険はないと判断され、菅総理大臣の指示で注水が再開されました。この55分間の注水の中断の影響は分かっていません。


班目氏が政府発表に「名誉毀損だ」と反発 政府は「再臨界の危険」発言を訂正


f0054227_11404330.jpg

f0054227_1141543.jpg
雨天中止



f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2011-05-23 23:30 | News