デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ほとぼりを冷まさせない

f0054227_2350174.gif
f0054227_1216279.jpg
(写真:朝日新聞)

東電の賞与回復「認められない」 調査委
東京電力が来年度から3年間の電気料金の値上げ終了後に、半減中の一般社員の賞与水準を元に戻そうとしている問題で、政府の第三者機関「東電に関する経営・財務調査委員会」は14日の非公式会合で、「15年度に賞与水準を回復することは認められない」との考えで一致した。15%という電気料金の値上げ幅についても、委員から批判的な声があった。ただ、値上げの理由としている火力発電所の燃料費の増加が、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働の行方に左右されるなど見通しが不透明なため、是非の判断は先送りした。東電は賠償や事故対応の費用を捻出するリストラの一環として、7月から一般社員の賃金の5%、賞与の5割を削減中。賃金カットは賠償が終わるまで続ける方針だ。ただ、原発事故の収束や電力供給にあたる社員の士気を保つため、さらなる給与水準のリストラについては否定的な声もある。
さらなる給与削減すると事故の収束が長引くよって、脅迫ですかw
一般社員は気の毒だとは思うが、民間企業である以上は仕方無い。
クリティカルな事故を起こせば、自分たちの生活を脅かす事態になるのは皆同じ。
だからこそ、一般企業はコンプライアンス研修などを通じて組織的な隠蔽体質などを払拭するなど、社員の意識から変えようとしている。東電だって「いざとなれば国が守ってくれる」という親方日の丸意識が無ければ、原発の安全対策に関してもっと注意を払ったかもしれない。声をあげない一般社員が声をあげたかもしれない。

隕石が原子炉を直撃するようなケースは仕方無いが、それ以外の天災や攻撃は備えをして出来ない事は無い。当然コストもかかるが、事故った時の悲惨さとトレードオフと考えれば、後はそれで電気料金が倍になっても原発を支持するか、生活が不便になっても自然エネルギーに切り替えていくかの判断は選挙(国民投票)を通じて国民がするだろう。

早く低コストで家庭用の蓄電池が普及してくれればと思う。
未来の話だが重量も軽くなれば、スーパーで水を買うように電気をスーパーで買える。
すでに戸建てでは電気自動車を非常用蓄電池として使う事も始まってきている。
電気自動車に送電機能を持たせるだけ。
それなら郊外のショッピングセンターで買い物している間に車に充電。
2000円以上買い物してくれれば駐車料金も給電料金も無料w
その電力で車も家も数日の電気を賄う。

東電は家庭用バックアップと企業向けに特化していけばいい。
早くそんな世の中が来て欲しいよ。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2011-09-16 23:30 | News