デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ギリシャしんだ?

f0054227_2350174.gif
f0054227_20221030.jpg
ギリシャ国民投票へ、「離脱」「残留」
G20サミットで大きな議題となっているのが、ギリシャ問題です。巨額の借金を抱えるギリシャはもはや自力では借金を返せず、いわゆるデフォルト=債務不履行寸前に追い込まれています。そこで先週、ヨーロッパ各国が夜を徹して協議し、ギリシャの借金を半分にするなどの支援策を決めました。ところが、ようやく決まった支援について、ギリシャのパパンドレウ首相は受け入れるかどうかを「国民投票で決める」と発表。これに驚いたフランスやドイツの首脳らは2日、パパンドレウ首相と緊急会談しましたが、首相は、国民投票を12月4日にも行う方針を示すとともに、「ユーロ圏に残るのか離脱するのか国民に問う」と強気の姿勢を崩していません。G20サミット前夜に行われた緊急会談。フランスとドイツの両首脳らはパパンドレウ首相に対し、突然、国民投票を行うと打ち出した真意を正すとともに、支援策を早期に受け入れるよう説得しました。しかし、首相は考えを変えず、来月4日にも国民投票を実施する方針を示しました。「国民投票でギリシャ国民にユーロ圏に残りたいかどうかを問う」(ギリシャパパンドレウ首相)支援策の受け入れを否決すれば、ユーロ圏にとどまることはできません。厳しい選択を迫ることで、国民の賛成を勝ち取ろうとするパパンドレウ首相に対し、フランス・ドイツの両首脳は、今月半ばに予定されていたギリシャへの80億ユーロ・およそ8600億円の融資を凍結することを決定。支援策を受け入れるよう圧力をかけました。「ギリシャと引き続きユーロでやっていきたいが、それにはルールがある。ルール無視は許されない。もしルールを無視するなら、ヨーロッパも、IMFも、びた一文出さない」(フランス サルコジ大統領)(後略)
欧州不安が増したから株式市場が下げました。
欧州不安が和らいだから株式市場が上げました。
ここ数ヶ月は毎日ひたすらこのシーソー状態。で、先日のギリシャ支援策決定でようやく上げ上げか!ってところにこの凄まじい冷水w 近い将来の教科書に載るかもしれない第二次世界大恐慌の過程を見せられている可能性もあるが、「勝手に国家破綻してろ」と言えなくなってしまった世界経済っつーのは、色々面倒ですな。だからもう全てをチャラにして地球連邦を発足させようよw

報道によるとギリシャから国外逃亡する人も増えているとか。
そこは陸続きなんでフットワーク軽いなぁ、と思っていたら海を渡ってアメリカへ行く人も多いとか。
つまり欧州を見捨てている訳ですよ。国を捨てる、ってどんな感じなんだろう。




f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2011-11-04 23:30 | News