デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

レッドライン

f0054227_2350174.gif
f0054227_2310060.jpg
ホルムズ海峡封鎖「レッドラインだ」…米が警告
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は12日、オバマ米政権がイランのハメネイ師に対し、秘密ルートを通じて、ホルムズ海峡の封鎖は越えてはならない「レッドライン」だと警告したと、複数の米政府当局者の話を基に伝えた。イラン側の反応は明らかにされていない。ホルムズ海峡封鎖を巡っては、パネッタ米国防長官が対抗措置を取る方針を明言、軍事行動も辞さない考えを示している。
ホルムズ海峡は世界の1日の石油使用料の40%が運ばれるらしい。
北朝鮮の核開発に対する温度差がイランに対するものとありすぎるのはこの為だ。
アメリカが世界中を駆け回ってイランからの原油輸入を断ち切ろうとしているのも、自国の安全保障に大きく関わる為。
日本は比較的友好関係を築いてきており、サウジアラビア、アラブ首長国連邦に次ぐ約15%の原油をイランから輸入しているが、アメリカの圧力により段階的削減に入るもようだ。イラン最大で世界屈指の埋蔵量を誇るアザデガン油田の開発事業も04年からせっかく始めたのに、度重なるアメリカの圧力で現在は10%の権益のみ。しかも再三完全撤退を要請されている。その後釜には中国が座る事が濃厚なのだが、アメリカがどこまで本気かは対中国への交渉過程でわかるだろう。

しかしイランも核開発さえやめてくれたら・・・。
日本的は北朝鮮の核問題があるだけに二重規範になっちゃうんだよな。
下の記事にあるようなアメリカ主導の世界的制裁の過程を見ていると昔日本がやられたABCD経済包囲陣を連想させる。

中国企業など3社、ガソリンをイラン輸出で制裁
米国務省は12日、イランの核開発阻止を目指す2010年施行のイラン制裁法に基づき、中国の国有石油貿易企業「珠海振戎」など3社を制裁対象に指定したと発表した。珠海振戎は、10年7月~11年1月に少なくとも5億ドル(約384億円)相当のガソリンをイランに輸出した。他に制裁対象となったのは、シンガポールとアラブ首長国連邦(UAE)を拠点とする石油貿易企業。3社は、米国内での資金調達などが制限される。10年施行のイラン制裁法は、原油精製施設を持たないイランに石油製品を輸出する企業などが対象となる。

イランの石油収入を絶つ…米高官、日韓訪問へ
核開発を続けるイランへの制裁措置を協議するため、米財務省のダニエル・グレーザー次官補や国務省幹部らは来週、日本や韓国を訪問する。日本政府は12日、イランからの原油輸入を段階的に削減する方針を表明しており、具体的な削減幅などを協議するとみられる。米財務省は、イラン中央銀行に対する制裁措置が最も効果的となるよう、今後数か月、数多くの同盟国に担当者を派遣し、協議する。イラン産原油の輸入を大幅に削減して、イランの石油輸出収入を絶ち、核開発をやめさせるのが狙いだ。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-01-16 23:30 | News