デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最低限の文化的生活w

f0054227_2350174.gif
f0054227_14451278.jpg

預金4千万円あって生活保護…風俗店経営の男
偽装結婚を仲介したとして起訴された男が、生活保護費を不正に受け取っていた疑いが強まり、埼玉県警は23日、この男を詐欺容疑で再逮捕した。県警は、男は都内で風俗店を経営するなどし、約4000万円の預金がありながら、東京都荒川区から生活保護費を約1年にわたり受け続けていたとみて調べている。捜査関係者によると、男は東京都荒川区東日暮里、風俗店経営(47)。2010年秋頃、荒川区役所に、精神疾患で働けないなどと偽って生活保護を申請し、11年12月頃までに、生活保護費約200万円を詐取した疑いが持たれている。被告は、経営する飲食店で雇っていた知人の中国人女(24)に長期在留資格を得させる目的で、日本人の男(36)と偽装結婚させた電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で、1月に県警に逮捕されていた。その捜査の過程で、生活保護費を受給していた疑いが浮上し、県警で経緯を調べていた。
これも警察が別件逮捕していなければ判明していないか遅れていた訳だ。これはもう認可した地方自治体(今回のケースは荒川区)の職員全体で弁済させるとか、そういう荒治療をしないと根本的に改善しないぞ。いや、根本的にするなら現物支給しかない。通院も区が指定する病院のみ、とか。

生活保護の不正受給、最多の128億円 10年度2万5000件超厚生労働省は1日、2010年度の生活保護の不正受給が全国で2万5355件、金額は計約128億7426万円に上り、過去最多となったことを明らかにした。前年度に比べ5629件の大幅増で、金額は約26億5955万円増えた。厚労省は「課税情報の調査を強化したことで、不正を把握しやすくなって件数が増えた」と説明。一方で、1件当たりの不正受給額は50万8千円と、過去10年間で最低となっており「早期に発見できるようになったため、1件ごとの額は減少した」としている。不正の内訳は、賃金収入がありながら「無い」と偽って申告したケースが最も多く、44%を占めた。次いで年金受給の無申告が28%と目立った。市町村による照会・調査をきっかけに判明したケースが89%に上った。



f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-03-02 23:30 | News