デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

WOWOWでは「アルマゲドン」を放送していたが・・・

f0054227_22404690.gif
f0054227_2255039.jpg

f0054227_22551277.jpg
(写真:共同通信)

ディープは万全な最終調整 2日未明に凱旋門賞
昨年の3冠馬ディープインパクトと武豊騎手の日本最強コンビが挑む競馬の世界最高峰レース、フランスの第85回凱旋門賞(G1)が1日午後5時35分(日本時間2日午前0時35分)の発走予定で、当地のロンシャン競馬場で行われる。当日の天気予報は晴れ時々曇り。決戦を翌日に控えた30日、ディープインパクトは滞在先のシャンティイ調教コースで最終調整を行い、万全な動きを見せた。日本調教馬の凱旋門賞挑戦は、1999年のエルコンドルパサーの2着が最高。2連覇を狙うハリケーンランなどを退けて優勝すれば、馬、騎手ともに日本競馬史上初の快挙となる。
f0054227_2333764.jpg
(海外遠征馬情報)ディープインパクト号
f0054227_1453732.jpg

本日のパリターフは、もちろん一面が明日の凱旋門賞特集です。“BANZAI”が本日の見出し。ディープインパクト号のこれまでのレース振りの紹介がされています。本日は凱旋門賞の別刷もあり、こちらの一面は、A.ファーブル調教師のこれまでの凱旋門賞勝ち馬が明記されている凱旋門の上で、日の丸を背景にした武 豊騎手が、手にディープインパクトの名が入ったフォークとナイフを持つイラスト。その下では、今年のファーブル師の管理馬3頭(ハリケーンラン・シロッコ・レイルリンク)に囲まれたファーブル師が、頭を抱えながら「まったく、今年の凱旋門は、寿司でも贈るべきか・・・」というふきだしが添えられております。
ついに来たか・・・。
この馬で勝てなかったら、オレの生きてるうちは無理かもしれない。
心配された馬場状態も、どうやら良予想でこのあたりの運は相変わらず強い!
最大の強敵は11戦8勝2着3回のパーフェクト連対馬のハリケーンラン(おそらく1番人気)だが、ディープだって11戦10勝2着1回だ!ハリケーンランの親父、モンジューに負けたエルコンドルパサーの無念を晴らしてくれ!あ~、でも59.5キロの斤量が心配だ・・・。
そういえば、フランスのレースに出走する馬は、全馬個体識別用のマイクロチップ埋め込みが義務づけられているので、ディープは日本で最初のチップ埋め込み馬となった。(日本でも07年産駒から義務化で現役馬は順次導入予定)これも1番、最初で縁起がいい!

ちなみに日本で2番目のチップ埋め込み馬となった、帯同馬ピカレスクコートがもうすぐダニエルウィルデンシュタイン賞(GII、芝1600メートル)に出走だ。ちなみにこのレースには、5月に5億円弱でゴドルフィンにトレードされたユートピアも登録していたが、出走やめたみたい。
日本の生産・調教馬が世界で通用・流通する時代になってきたなぁ。
でも、日曜のスプリンターズSは外国馬に持って行かれそう・・・(´・ω・`)
→(続報)凱旋門賞に弾み、ピカレスクコート2着に健闘
現地時間30日、仏・ロンシャン競馬場で行われたダニエルウィルデンシュタイン賞に出走した武豊騎手騎乗の5番人気ピカレスクコートは、好スタートから先手を奪いレースを進めたが、直線残り300m付近でL.デットーリ騎手騎乗の圧倒的1番人気エコーオブライトに並ばれると、そのまま2馬身差をつけられ2着に敗れた。
f0054227_2241514.jpg
f0054227_2241482.jpg
©1997-2006 SANKEI SPORTS.

9/30○中日7-1×阪神 21回戦 (中日14勝6敗1分、甲子園、48515人)
阪神、連勝止まり気になる虚脱感
2週間ぶりの敗戦をどう受け止めるか。張り詰めていたものが緩んで、選手個々の思いにばらつきが芽生えるかもしれない。ショックはなくても虚脱感は間違いなくあるだろう。試合は中日が1点を追う五回二死二塁から荒木の二塁打で追いつき、さらに福留の二塁打で勝ち越した。七回は井端の2点適時打などでリードを広げた。山本昌は8回1失点で10勝目。阪神は七回に2失策と乱れ、連勝は9でストップした。
まあいつか連勝は止まる。
しかし、山本昌後に始まった連勝は山本昌で止まった。_| ̄|○ 頼む!もう引退してください !

阪神が3年ぶりに優勝-ファーム日本選手権
f0054227_23521264.jpg
©1997-2006 SANKEI SPORTS.

2軍の日本一を争うファーム日本選手権が30日、山形県野球場で行われ、ウエスタン・リーグ優勝の阪神が6―0でイースタン・リーグ覇者のロッテに勝ち、昨年敗れた雪辱を果たして3年ぶり4度目の優勝を決めた。最優秀選手には4安打、6奪三振で完封した中村泰(阪神)が選ばれ、賞金50万円を獲得した。阪神は一回二死一塁から喜田、桜井、藤原の3者連続本塁打で4点を先制。四回は桜井の2打席連続ソロ、五回は狩野の適時打で加点した。ロッテは1軍で5勝した先発の成瀬が振るわず、打線も中村泰に封じられた。
しょっぱいな、賞金がw
来年は狩野を上で矢野に教育してもらいつつ、使って欲しいな。
あと、リンリンと桜井、喜田、赤松は今オフにセカンドの猛練習してくれ!無理か・・・(´・ω・`)
f0054227_21581987.jpg

f0054227_22411510.gif
にほんブログ村 ニュースブログへ
|∀・).。oO(・・・押してみない?)
[PR]
by currybeans | 2006-09-30 23:30 | Horse racing