デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日本水没

f0054227_23485833.gif
f0054227_0283269.jpg
集中豪雨、東海や関東で被害…1人死亡・1200棟浸水
活発な前線の影響で、28日夜から29日午前にかけて、東海や関東地方を中心に局地的な豪雨に見舞われ、愛知県内では河川がはんらんするなどして、女性1人が死亡、女性1人が行方不明、男性1人が意識不明の重体となった。このほか、東京都八王子市の京王高尾線で電車が脱線するなど各地に被害が広がった。気象庁などによると、29日午前0時以降に記録した1時間雨量は、愛知県岡崎市で146ミリ、東京都町田市で115ミリに達し、24時間雨量では岡崎市、埼玉県久喜市、福島県川内村などで200ミリを超えた。
江戸は今週ずっーと雨なのだが、徳川家発祥の地(諸説あるが)岡崎では大変な事に。
岡崎市では観測史上7番目の雨量を記録し、解除されたが一時は市内全域14万世帯に避難勧告が出されていた。(どこへ避難しろって言われるんだろうか。)

東京都では、05年の9月に杉並区や中野区で6000棟に及ぶ浸水被害が発生したのを契機として、50ミリ/時を越える局所的な集中豪雨に対して「東京都豪雨対策基本方針」が昨年8月に公表されている。その中で「対策促進エリア」が策定されており、石神井川を抱える練馬区も当然選定。
東京の集中豪雨は、環六通り~環八通り間など区部西部付近や多摩西部に集中する傾向があり、特に時間75ミリ以上の豪雨の頻発箇所を見ると、神田川や石神井川の上流部である中野区や練馬区などの区部北西部に集中しているとの事だ。
そこへ時間雨量150ミリとか降られたらどうなるんだろうか・・・。

ちなみに対策促進エリアは河川・地区・施設に分かれている。
河川が神田川・渋谷川・古川・石神井川・目黒川・呑川・野川・白子川の7流域、下水道が練馬区中村地区・第二立会川幹線地区・隅田川幹線地区など20地区を選定。対策促進施設は地下鉄全線に加え・新宿・渋谷・池袋・八重洲・銀座など駅周辺の大規模地下街7カ所となっている。
地下鉄に乗っていて水死は勘弁してほしい。
当然ポンプ・ゲート等は用意されているが、最近は想定を凌駕する災害が多いからなぁ。
f0054227_0292218.jpg
平成5年の台風11号により銀座線赤坂見附駅は半水没

東京都では上にあるように、様々な水害対策を行っているが、地上・地下にまたがる大規模工事の為、即効性は期待出来ない。治水は大昔から難事業だ。
都内流域各所に貯留施設を増設しているが、進捗率は下図のような状況だ。
f0054227_0301732.jpg
稼働率100%でも、時間雨量10ミリカットが精一杯なのだが、それで避難時間が多少でも稼げるなら生死を分ける事もあるだろう。10ミリでも意味は大きい。
水害にそなえて ~都市型水害対策に対する東京都の取組~

なにが原因? ゲリラ豪雨のメカニズム
(前略)ゲリラ豪雨発生のメカニズムは十分には解明されていないが、都市部のヒートアイランド現象や高層ビルなどの構造物などが大気に影響を与えているのではないかという指摘もある。また、都市部では地表がコンクリートやアスファルトに覆われている部分が多いほか、排水施設も備わっているため、雨水が土中に染み込まず、一気に河川に流れ込む仕組みになっている。このため、集中豪雨の雨が河川に集中。許容量を超えて、決壊や鉄砲水などが起きやすいとされる。河川の決壊部分などが都市部でなかったとしても、都市部の上流域から流れ込んだ雨水によって下流域で被害が起こる場合も想定され、専門家からは「今後、被害が出た地域の被害状況や地形的要因を分析する必要がある」といった声もあがっている。
地形的要因などを分析・公表したら、当然地価にも影響してくるんだろう。
一気に河川に流し込まない為に、以前にこのブログでも紹介したロケ地としても著名な地底神殿「首都圏外郭放水路」がある訳だが、東京区部西部や多摩西部の河川には関係無いんだよな。
水を通すアスファルトやコンクリートはどうよ?と思ったが、透水性・排水性を持つものはすでに実用化されている模様。あとは敷設費用な訳だが、インフラは整備もメンテも金かかりすぎ。
首都圏外郭放水路(公式HP)



f0054227_23491370.jpg
巨人3-2阪神 18回戦 (阪神10勝8敗、甲子園、18:00、43525人)
阪神あと一歩届かず 岡田監督「何とかせんと」
巨人のグライシンガーが8回1失点でリーグトップの13勝目。打線は一回、李承ヨプの適時打で先制。六回は3長短打で2点。阪神は六回、1点を返した後の一死三塁を生かせず、九回も1点差に詰め、なお二死一、三塁で矢野が三振。


f0054227_23492628.gif

[PR]
by currybeans | 2008-08-30 01:30 | News