デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Space( 114 )

撮影者は誰?

f0054227_2350174.gif
f0054227_21315815.jpg
(写真:NASA)

火星探査機「キュリオシティ」、初の自分撮り写真が公開
キュリちゃん、かわいい。見ようによっては、いえーいってしてる気がします。先週、火星探査機キュリオシティ(Curiosity)のキュリちゃんが初の自分撮り写真を公開しました。火星の地から「はいピース」ですね。もちろん火星に来た記念に撮影したわけではなく、この自分撮り写真は地球の開発者が細かくチェックして、キュリちゃんの修理が必要な箇所があるかを調べるために使われます。現在はまだ解像度が低いものしか公開されていませんが、開発者がチェックするのは高解像度のもの。撮影場所は、火星のゲールクレーターにあるロックネストの前です。ピース!
火星人でしょうか?w


f0054227_1428215.gif

[PR]
by CurryBeans | 2012-11-05 23:30 | Space

将来の領土紛争のタネ?

f0054227_2350174.gif
f0054227_12503627.jpg
(写真:GIZMODO)

月面の奇跡...アメリカ国旗は健在、ただし全部真っ白です。
「月面着陸時に立てられたアメリカ国旗は、まだあるのか?」長年の謎がついに解けました。NASAの調査によると、月面に立てられたアメリカ国旗(星条旗)は「6本中、1本を除いてすべて存在」していることが明らかになったそうです。もし問題があるとすれば、旗がすっかり退色して、もはやアメリカ国旗ではなくただの白い旗になっていることかもしれませんね。でもそれも長い年月があればこその話で、すっかり色あせたナイロン生地に当時のデザインを想い重ねられるのは、むしろ感慨深いことかもしれません。
将来月面移住とまではいかなくても、今の海外旅行くらいの価値になれば、月面着陸が行われたポイントを中心にテーマパーク化していくんだろう。そこにたなびく旗が白旗なのはアメリカ様としてはどうなんだろうかw 常にプロジェクターで星条旗を映し出しておくとか?100度の高温とマイナス150度の超低温と強烈な紫外線が降り注ぐ過酷な月面。そりゃナイロンと染料で出来た旗は白くなりますよね。アメリカ様が裕福なら定期的に旗を交換する月への定期便を出したかもしれませんがw でも現代なら過酷状況下でも色あせない旗が普通に出来てるんでしょうけど。中国もそのうち月面有人着陸しそうだし、旗立てゲームになったら遠い将来揉めそうだなぁ。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-08-09 23:30 | Space

恐怖の7分間を克服

f0054227_2350174.gif
f0054227_13474280.jpg
(写真:NASA)

パラシュートで火星に降りる探査車、衛星が撮影
米航空宇宙局(NASA)は6日、無人火星探査車「キュリオシティ」がパラシュートを全開にして火星に降下していく画像を公開した。キュリオシティからは、火星の表面にしっかりと立つ自身の影の写真が届いた。降下中の画像は、NASAが2005年に打ち上げた火星探査衛星「マーズ・リコネサンス・オービター」が5日夜(日本時間6日午後)、着陸1分前に火星の上空340キロから撮影した。キュリオシティを包むカプセル(直径約4・5メートル)が、大気圏突入後の減速のためのパラシュート(直径15・5メートル)をいっぱいに開きながら、火星に降りて行くのが見える。この後、キュリオシティは空中浮遊装置「スカイクレーン」とともにカプセルから分離、スカイクレーンにつり下げられて火星に軟着陸した。
火星探査車(ローバー)に巨大な弟が加わった。何せ軽自動車並み。人類が地球外の惑星(衛星)に持ち込んだものとしては史上最大になるのではないだろうか?しかも自立走行。火星には知的生物がいない事になっているので、こんなものをいきなり送りつけても火星側からは何のリアクションも無いが、もし地球にこんなものがいきなりやってきてと考えると・・・「楽しい」w いやSF等では普通に使い古された手法だけど、ドラマ性を持たせる為に侵略目的だったり、意味不明だったりするのが多いので、純粋に探査目的のマシンがいきなり飛来してきたら、場所にもよるが地球人類がどう対応するかが見物だ。(中国なら埋めるかなw)

しかしこんなものを火星に輸送出来るという時代もアレだが、その模様を上空の衛星から撮影できるというのもスゴイな。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-08-07 23:30 | Space
f0054227_2350174.gif
f0054227_14264722.jpg
「賭け負けた」とヒッグス粒子否定派のホーキング博士「ノーベル賞に値する」
英国が誇る「車いすの天才宇宙物理学者」、スティーブン・ホーキング博士は4日、物質の質量の起源となる「ヒッグス粒子」とみられる新粒子が実験により発見されたことを受け、「これは重要な結果で、ヒッグス氏にはノーベル賞をあげなければいけない」と絶賛し、粒子の存在を予測したピーター・ヒッグス博士をノーベル賞に推薦した。英BBC放送のインタビューにこたえたホーキング博士は「しかし、悲しい。なぜなら、物理学の偉大なる前進が、私たちの期待しなかった実験結果によってもたらされたからだ」と述べ、理論物理学者としての敗北を認めた。さらに、元英ケンブリッジ大教授のホーキング博士は、予測から半世紀も見つからなかったため、米ミシガン大教授と、粒子が発見されない方に100ドルを賭けていたことを明らかにし、「どうやら負けたようだ」と語った。
粒子の名前にもなっているピーター・ヒッグス博士が1964年に提出した理論を裏付けるヒッグス粒子が発見されたとの事で、素粒子物理学界が祭となっている。それでも宇宙を構成する物質の96%は謎の暗黒物質で占められており、やはり「宇宙ヤバイ」なのだが、このヒッグス粒子の発見が物質や時空の本質にせまる新たな物理学を切り開くきっかけになると期待されている。ヒッグス粒子が無いとあらゆる粒子は光速で飛び回り、原子や分子の無い世界になってしまうとの事で、よく意味がわからなくてこのブログ記事を書いているオレがこうして存在しているのも、ヒッグス粒子さんのお陰なんだろう。特に感慨は無いけどw


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-07-05 23:30 | Space

水星ディ○ニーランド

f0054227_2350174.gif
f0054227_1435390.jpg
(写真:産経新聞)

水星にミッキーマウス? 丸い2つの耳 NASAの探査機が撮影
米航空宇宙局(NASA)は22日までに、水星探査機メッセンジャーが撮影した、ミッキーマウスそっくりに見える水星の地形の画像を公開した。3つのクレーターが重なってできた地形が、大きな顔とミッキーの特徴である丸い2つの耳のように見える。水星の南側にあるマグリットと呼ばれる大きなクレーターの一部で見つかった。撮影したときは、太陽の光が低い角度から当たっていたため、クレーターのくぼみが際立ち、よりくっきりとミッキーの顔が浮かび上がっていたという。
水星は○ィズニーに著作権料払うようにw
その前に左右の耳の大きさが違う部分を修正指示されると思うけどw


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-06-22 23:30 | Space

ペテルギウス、マダー?

f0054227_2350174.gif
f0054227_17533331.jpg
中性子星の大きさってどのくらい? ニューヨークで言うとどれくらい?
このくらいなのです。中性子星は、質量の大きな恒星が進化した最晩年の天体の一種。その密度は太陽の密度の10の14乗倍以上もあると言われていますが、その大きさを見てみると...。NASAのゴダード宇宙飛行センターが制作した中性子星とニューヨークの横に置いてみると、なんとブルックリンよりも小さいのです。ブルックリンの面積は251平方キロメートル。 なかなか面白いアプローチですね。宇宙の話だと何もかもスケールが大きく感じますけど、1つの州の1つの街の1つの区のサイズの話なんですね。それでも宇宙の話はスケールが大きいんだけどさ。
オリオン座のペテルギウスも超新星爆発後、中性子星になると言われている。
金環日食以上の世紀の大天文ショーになるペテルギウスの爆発。地球時間の昨日しているかもしれないし、100年後かもしれない。上の比較合成画像を見せられてもイマイチ実感がわかないが、元の恒星としての大きさは中性子星の大きさには関係ないのかな?記事からは読み取れないけど。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-06-01 23:30 | Space

相対性理論大勝利?

f0054227_2350174.gif
f0054227_2217996.jpg
(写真:REUTERS)

「ニュートリノは光より速い」は誤り? ケーブル接続に緩みか 再実験へ
名古屋大などが参加する国際研究チームOPERA(オペラ)が発表した「素粒子ニュートリノは光よりも速く飛ぶ」との観測結果が誤っていた可能性が23日明らかになった。米科学誌サイエンスなどの報道によると、ニュートリノの速さを計るために不可欠なのが時計の厳密な調整だが、これに利用した衛星利用測位システム(GPS)とコンピューターを接続する光ファイバーケーブルに緩みがあった可能性があるという。オペラに参加する名古屋大の小松准教授は「緩みは速さを計測する時計に誤りを生じさせ、実際とは違う速さをはじき出す可能性がある」と話している。グループは5月に再実験を行うという。
60ナノ秒なんていうとてつもない精度を求められる計測なので、オレみたいな素人ですら、測定システムの電気信号とかケーブル長とかそういう諸々の誤差を調整するのは大変だろうなぁ、と想像できる訳だが、「緩み」というなんとも脱力する原因で物理学の常識を覆す大発見が危うい立場に立たされている。すでに今月4日の下の記事では内輪もめも起きているようだ。なんでも再実験を5月に行うようだが、夢のタイムマシンの可能性はかなり小さいような。

「光より速いニュートリノ」実験グループ幹部辞任
「光より速いニュートリノを観測した」との実験結果を発表した国際研究グループOPERA(オペラ)の代表ら2人が辞任したことが分かった。2日付英科学誌ネイチャーのウェブサイトが伝えた。同グループは昨年9月に超光速ニュートリノの観測を発表したが、発表直後から反論が続出。ネイチャーの報道によると、研究グループで内紛が数カ月続き、3月末に2人の不信任投票が行われた。不信任票は代表などを辞めさせるのに必要な3分の2には達しなかったものの半数を超え、2人は自発的に辞任した。グループは2月、実験に使った時計とケーブルについて、実験結果に影響する可能性がある「問題」があったと認めていた。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-04-22 23:30 | Space

信じていいんですね!?

f0054227_2350174.gif
f0054227_21585127.jpg
NASAが公式発表「2012年に超新星爆発で地球が滅ぶことはないのでご安心を」
万に一つも確率はないようです...もしや2012年には地球の滅びが? 世界では、そんな終末論的な考えを信じる人たちも少なくないみたいなのですが、その引き金に超新星爆発の壊滅的なダメージを恐れる動きに対して、NASAのゴダード宇宙飛行センターから公式見解が明らかにされていますよ。天文学者たちは、1世紀間中に平均して1個か2個の超新星爆発が、われわれの銀河系内で生じると考えてきた。しかしながら、2012年中に地球に直接的な被害を及ぼすほど近くで超新星の爆発が発生する可能性はまったくない。オゾン層で守られた地球の大気圏内まで超新星爆発によるダメージが及ぶには、その爆発は地球から50光年以内で生じる必要があり、たとえ最も近くで爆発が発生したとしても、この近距離では起き得ない。なにはともあれ、宇宙空間からトンでもないものが突如飛来して世界が終わるなんてことは、取りあえず今年はないんだそうです。さ~て、落ち着いて新年の計画を練り直すとしますかねぇ。
ペテルギウスのぺの字も無い訳だが、それは50光年という距離に限定しているからだろう。600光年以上離れているペテルギウスの自転軸の2度の範囲だとガンマ線バーストの直撃を浴びて人類絶滅って話で盛り上がっていたオレ達は一体何なのか?そもそも50光年内じゃない時点で心配無用では無いか。
つーかペテルギウスが爆発後にブラックホール化したら地球から最も近いブラックホールになると思うのだが、それはそれで怖いよね。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-01-11 23:30 | Space

移住先決定

f0054227_2350174.gif
f0054227_1614188.jpg
(写真:NASA)

水が液体で存在可能な惑星確認 気温22度、地球の2・4倍
米航空宇宙局(NASA)は5日、生命に欠かせない水が液体で存在し得る惑星を、ケプラー宇宙望遠鏡による観測で確認したと発表した。米メディアによると、惑星の地表付近の平均気温は推定セ氏22度。組成は不明だが、NASAは「地球型惑星の発見に一歩近づいた」と強調している。確認された惑星は、地球から600光年離れており、大きさは地球の2・4倍。「ケプラー22b」と名付けられた。
水が存在し得る、という言い方も微妙だが、600光年離れた惑星の地表付近の温度が22度ってわかるってのがスゴイね。NASAスゴイ。水があって気温も22度なら生命存在も「し得る」って言っていいんじゃないかな。大きさも地球の2.4倍なら、住人が掘り尽くしていなければ資源もたっぷりあるだろうし。

距離600光年ってもうすぐ超新星爆発するペテルギウスが640光年だったが、地球からの方向は全く異なるのだろうか。もしペテルギウス方面だったら・・・ケプラー星人はガクブルだよね。

もしかしたら地球移住計画を進めているかも・・・。



f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2011-12-07 23:30 | Space

恐怖の大王?

f0054227_2350174.gif
f0054227_1519273.jpg
(写真:NASA)

地球接近の小惑星、NASAが撮影画像を公開
米航空宇宙局(NASA)は7日、地球に接近している小惑星「2005YU55」の画像を公開した。米カリフォルニア州の電波望遠鏡で撮影した。地球まで138万キロ・メートルの距離に迫っており、直径約400メートルの丸い形がわかる。この小惑星は日本時間9日午前8時28分に最接近し、月より近い32万4600キロ・メートルのところを通過すると予想されている。地球に衝突する恐れはない。
この巨大なボールはアポロ群に属する小惑星で、地球に接近するため監視が必要な約8500個の地球近傍小惑星の一つとの事。2005年7月に発見されたから2005YU55か。事前に発見されていたなら軌道計算すれば明日地球に接近する事もわかっていたんだろう。

金星軌道の内側から火星軌道付近までの楕円軌道を1.22年かけて公転しているとの事なので、地球の公転軌道とのタイミングによっては今回みたいなニアミスがあるのか。それにしても月より内側って聞いた事が無い気がするけど、直径400メートルもの巨大(?だよね)な隕石がマヤの2012年終末説が囁かれる中で来て欲しくないんだがw


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2011-11-10 23:30 | Space