デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

審判不要では?

f0054227_2350174.gif
f0054227_142989.jpg
(写真:産経新聞)

“海老沼判定”「最終的に正しい判断」IJF
国際柔道連盟(IJF)は29日、男子66キロ級準々決勝の海老沼匡-チョ・ジュンホ(韓国)で、主審と副審の3人による判定を畳の外の審判委員が覆した件について「最終的に正しい判定だった」との声明を発表した。映像によって試合の勝敗が変わるのは今回が初めてという。延長の途中で主審が有効と判断した海老沼の技を、映像を見て「有効のレベルにはない」と取り消し、その結果もつれこんだ旗判定では、チョ・ジュンホの優勢と判断した主審と副審2人に「海老沼の技は有効ではなかったにしても、考慮に入れるべきものだ」と説明し翻意させた。IJFは「審判は大変な重圧を受けている。ビデオ判定システムはその大きな助けだ」としている。
この試合ライブで見ていて青旗3本上がった瞬間風呂に入ったので、風呂上がりに「あ、あれ?」という2ちゃんの野球観戦ネタAA状態にw 柔道(に限らず)選手ばかりに目がいく競技で、審判がどういう人物か?までは気にしないけど、下の記事にあるように「曰く付き」な人物がオリンピックみたいな大きな大会で主審するのはいかがなものかと。

ミナカワ主審 南米では有名だった「あの人は日本人に上げない」
海老沼の準々決勝を裁いたミナカワ主審について、南米で柔道を指導するある日本人コーチは「あの人は、旗判定になると日本人に上げないことで有名」と明かした。名前だけを見れば日系ブラジル人とも思えるが、南米では日本人嫌いで知られているそうで、判定に影響した可能性がある。以前から国際試合では判定は日本が不利と言われているが、延長の導入で最近は旗判定自体が減っていた。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-07-30 23:30 | News
f0054227_2350174.gif
f0054227_14211293.jpg
(写真:新華社)

中世期のブラジャー、豪のお城で発見
豪インスブルック大学は19日、同国のレンベルク城で発見された中世期後期に使用されたとみられるブラジャーを発表した。1440年~1485年代に作成されたとみられている。
ちょっとややこしいのだが、オーストラリアは1770年にスコットランドのクック船長がシドニーに上陸して領有宣言してから入植が始まっている。なのでこのブラは豪州産では無い。しかもブラは1440年から85年に作成されたとあるから、レンベルク城に住むご婦人が着用してた訳ではなく、300年以上前のブラをコレクションだか何らかの理由(笑)で城に持ち込まれたと見られる。で、ブログタイトルにあるように「日本は室町で日野富子さんがブイブイ言わせてた時代なのにスゴイなぁ・・・。」と思ってWikipediaでブラジャーの歴史を調べてたら、原型は古代ギリシャや中国遼代の移籍から、とかあるらしいが、写真にあるような現代的なブラは1913年にアメリカで発明、特許をとったと書かれている。この470年の誤差はどういう事だろうか??


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-07-27 23:30 | News

国民総生活保護なら許す

f0054227_2350174.gif
f0054227_18114852.jpg

374億円<420億円-税収より高い「生活保護費」
厚生労働省によると、今年2月の生活保護受給者数が約209万人(約152万世帯)と過去最多を更新した。これに必要な今年度予算は約3兆7000億円と膨大。景気や雇用環境が改善しないなか、憲法25条が定めた“最低限度の生活を営む権利”への安易な駆け込みが問われている。「2008年暮れの年越し派遣村を契機に申請者の意識が変わった。失業や傷病などで収入が途絶えた人たちに『とりあえず貰っておこう』という傾向が見られるようになり、3年半を経過したいまも申請者数は高止まりしている」と話すのは、東京都足立区中部福祉事務所所長。実際、同区の直近の生活保護費も420億円で、区民税収374億円を超す。受給者は約2万5000人で、都内23区では最も多い。その背景には、保護内容の手厚さがある。例えば、足立区も含めた都内に住む30代の単身男性の場合、生活扶助8万3700円と住宅扶助5万3700円で合計13万7400円を毎月受け取れる。さらに、医療費は無料、水道料金も減免といった優遇措置もある。同じ額を稼ごうとすれば、都内の最低賃金並みの時給850円で1日8時間、20日働かなければならず、なおかつ税金や公的保険料を引かれる。これでは生活保護が減るはずもない。このまま手をこまねいていれば、国のみならず、地域の活力も衰えていく一方だ。足立区では、新規受給者には3カ月以内の自立を支援しているというが、なかなか効果は出ないという。今後は、支給水準の見直しも視野に入れた、制度の運用が望まれる。
扶助費全体で、という事ならまだしも生活保護費だけで区民税収を越す、というのは・・・。つまり足立区民は自らが汗水働いて納めた区民税が、自分たちの為にほぼ使われていない、という事ですよ。とはいえ、もう足立区や大阪市だけの現象では無いので、徳政令でチャラとかしない限りは早晩バーストするのは目に見えている。「生活保護受給者には就労支援で自立を・・・」なんてスローガン掲げても、新規雇用が増えるどころか減り続ける日本では多少のミスマッチを改善しても焼け石に水。なんか完全なネガティブスパイラルに陥っているとしか思えないので、戦前の海外への大量移民、なんてのが復活するのでは無いかと真剣に危惧している。
2050年の日本、先進国から脱落の恐れ
日本の旺盛な国内消費を支えていた中流家庭が衰退していくと、もはや日本企業は国内の売上げだけでは会社を維持出来なくなる。なんて事は空洞化だ!と昔から言われていた訳だが、いよいよ本格的にその「衰退の風」が吹き出した。楽天が社内公用語を英語にした事に賛否が集まっているけども、その企業オリジナルのモノやサービスを提供していない楽天のような企業が抱く将来への危機感は共感できる。とはいえ、オリジナルを提供している企業も、国全体の購買力が落ちる訳だから海外進出しか道は残されていないが、海外でも通用するかの保障は無い。日本人としての生き方の転換、が求められているかもしれない。(世界中が求められている)

で、話を生活保護に戻すと、支給や延長を厳しくすると当然以下のニュースのような事が日常茶飯事になる。これに対抗する選択肢も現行法維持なら、警備員を増やすとか金属探知機を設置するとか、余計税金がかかる方法しかない。切りつけるくらいの元気があるなら働けよ、といってもバイトよりも待遇がいい生活保護はやめたくない。本気で抜けたいと思っても、働き口が無い。保護を止められて飢え死にするくらいなら刑務所に入ってさらに税金で食わせて貰う、となる。結局食えなくなる事への恐怖心が大きいと思うので、まずは食料の現物支給から始めるしか無いのでは。

生活保護打ち切り予定の男、市職員切りつける


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-07-25 23:30 | News
f0054227_2350174.gif
f0054227_16541038.jpg
大津いじめ自殺 「息子は悪くない」加害者の母が撒いたビラ
昨年10月、滋賀県大津市で市立中学2年の少年が自殺した事件に、日本中が心を痛めている。生前、少年の必死の訴えは教師は届かず、死後、事件が公になると責任逃れの発言を続ける学校側の対応に、7月11日、滋賀県警はいじめの加害者3人の暴行容疑で中学を家宅捜査する異例の事態となった。そんななか、加害者の一人であるAの母親が、信じがたい行動に出ていたことが複数の生徒たちの証言でわかった。Aは、主犯格とされる一人。少年とは同じクラスで、父親は京都市内でデザイン会社を経営。母親は当時PTAの会長だった。「昨年秋に開かれた緊急保護者会の前に、A君の母親が校門前でビラを配ったそうです。仲のいい何人かの親と一緒だったと聞きました」と保護者の一人がいう、そのビラの内容について社会部記者はこう話す。「そこには『息子の痛みをわかってやれなかったのはそちら(少年の両親)のはず。うちの子が悪いというのは責任転嫁です』といったことが書かれていたそうです」Aの母親は昨秋の緊急保護者会でもマイクを握り「うちの子は仲よくプロレスごっこをしていただけなのに、犯人扱いされて学校に行けなくなった。うちの子が自殺したら、ここにいる保護者や先生の責任だ」と言い放ったと報じられている。(後略)
いじめ被害者の自殺から9ヶ月以上立ったのに、世間の過熱報道は燃え上がるばかり。2ちゃんや探偵ファイルなどネット上でも大きく取り上げられる理由は、いじめの凄惨さもあるが、周囲の大人たちの言動によるものが大きい。特に担任を筆頭に学校関係者と教育委員会、加害者側の親。上の女性自身の記事にある主犯格Aなどは、日本に住めないのでは?というくらい晒されている。本人と兄弟が2ちゃんねらや宇多田ヒカルに嫌われるキラネームなのも、火に油を注いでいるw
母親は世界中を敵に回してでも子供を庇うもの、とオレも思うが、それは子供が自分の無実や正当性を訴えて、「ボク(わたし)を信じて!」と言ってきた場合。そういう時は最高裁でクロと判決が出るまでは、子が「信じて!」という限りは信じてあげるべきかなぁと。で、今回は主犯格Aは記事中の親に対して「やってねーよ」って言っているんだろうか。言っていたとしても上記記事の内容が正しいのであれば、こういうやり方は余計に世間の反感を買うだけだよなぁ。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-07-23 23:30 | News
f0054227_2350174.gif
f0054227_1658956.jpg



生活保護受給者57人覚醒剤「窓口で排除無理」
北海道釧路市生活福祉事務所は12日、2007~11年にかけて生活保護費を受給していた延べ57人が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、支給停止としていたことを明らかにした。保護費の一部は覚醒剤購入に充てていたとみられる。同市の11年度の生活保護受給者は約1万人で、人口1000人当たりの生活保護率は54・3人と、道内の市の中では一番多い。生活保護受給者の支給について、同市は逮捕で停止、起訴で廃止とする実施要領を定めているが、刑期を終えた受給者が再申請するケースも多いという。生活保護法は「無差別平等」の原則から支給に前科前歴は問われないため、同事務所は「窓口で排除はできない。解決には薬物依存から抜け出す支援態勢が必要」と話している。
極めて小役人的コメントだが、「現行法が・・・前例が・・・」という逃げの常套句を使わせない為にはやっぱ法改正しかないっすよ。生活保護費で覚醒剤購入なんて1発アウトにすべきなのに、刑期を終えて再申請したらまた保護費(税金)で覚醒剤を買える、なんてどんなヒャッホー社会だよw

生活保護受給の覚醒剤容疑者、市がベンツ修理代
覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された男が、高級外車に乗りながら生活保護を受給していた問題で、男が2010年に札幌市からベンツの修理代として63万円を受け取りながら、市に収入を申告していなかったことが12日、分かった。市は、男を詐欺容疑で刑事告訴する方針。市によると、逮捕された同市白石区、無職(53)は10年10月、同市南区の市道で、道路の凹凸でベンツの底部をこすったとして、道路を管理する南区土木センターに修理代を請求した。同センターなどは道路整備の不備が原因でベンツが傷ついたと認め、修理代を支払ったという。このベンツが、逮捕時に所有していた他人名義のベンツと同一かは、明らかになっていない。生活保護法では、受給者が収入を隠していた場合、払いすぎた収入分の支給額を徴収し、悪質な場合は刑事告訴するとしている。
似たようなニュースを以前にも聞いた事があるな。つまりどこで底部をこすろうが、クレーム付ければ簡単に金(税金)を払う、という事が、そういう人たちの間では周知の事実ってことなんでしょ。で、これも小役人になぜ金払う!?と聞くと「そういう決まりですから」で終わってしまって、やはり法改正が必要になる。イタチごっこになってしまうようなヌルい改正では無く、性悪説に則ったものじゃ無いと、抜本的な解決にはならないでしょ。イヤな社会だけど少額とはいえ納税者としては、こんな事に使われる事はホントに勘弁してほしい。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-07-17 23:30 | News
f0054227_2350174.gif
f0054227_043749.jpg
いじめた側にも人権…「自殺練習」真偽確認せず
大津市の市立中学2年男子生徒が自殺したことを巡って行われた全校アンケートで「(男子生徒が)自殺の練習をさせられていた」との回答を市教委が公表しなかった問題で、市教委が加害者とされる同級生らに対して直接、真偽を確認していなかったことがわかった。市教委はこれまで、非公表にした理由を「事実を確認できなかったため」と説明していた。市教委によると、「自殺の練習」は、生徒16人が回答に記していた。うち実名で回答した4人には聞き取りをしたが、事実は確認できず、それ以上の調査もしなかったという。加害者とされる同級生らにも聞き取りを行う機会はあったが、「練習」については一切尋ねなかったとしている。その理由について、市教委は読売新聞に対し、「事実確認は可能な範囲でしたつもりだが、いじめた側にも人権があり、教育的配慮が必要と考えた。『自殺の練習』を問いただせば、当事者の生徒や保護者に『いじめを疑っているのか』と不信感を抱かれるかもしれない、との判断もあった」と説明。結局、事実がつかめなかったとして、非公表にしたという。
「他人を虐め殺すヤツに人権なんかねーよ!ヒャッホーッ!」って北斗の拳的な社会にしないと、「人権」を盾にした自己弁護・擁護をはかる姑息な大人は無くならないよな。こういう大人を子供はちゃんと見ているから、社会が自分たちに科す事が出来る裁きを甘く見て暴走は留まるところをしらなくなる。こういう事態、実体が明らかになっても「教育的配慮」とか抜かすヤツのおぞましくて底知れない自己愛にはホントに反吐が出るよ。.


飛び蹴り、口に粘着テープ…自殺1カ月前に暴行エスカレート 大津市いじめ問題
「自殺の練習」いじめ 教諭「一緒になって笑っていた」


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-07-07 23:30 | News
f0054227_2350174.gif
f0054227_14264722.jpg
「賭け負けた」とヒッグス粒子否定派のホーキング博士「ノーベル賞に値する」
英国が誇る「車いすの天才宇宙物理学者」、スティーブン・ホーキング博士は4日、物質の質量の起源となる「ヒッグス粒子」とみられる新粒子が実験により発見されたことを受け、「これは重要な結果で、ヒッグス氏にはノーベル賞をあげなければいけない」と絶賛し、粒子の存在を予測したピーター・ヒッグス博士をノーベル賞に推薦した。英BBC放送のインタビューにこたえたホーキング博士は「しかし、悲しい。なぜなら、物理学の偉大なる前進が、私たちの期待しなかった実験結果によってもたらされたからだ」と述べ、理論物理学者としての敗北を認めた。さらに、元英ケンブリッジ大教授のホーキング博士は、予測から半世紀も見つからなかったため、米ミシガン大教授と、粒子が発見されない方に100ドルを賭けていたことを明らかにし、「どうやら負けたようだ」と語った。
粒子の名前にもなっているピーター・ヒッグス博士が1964年に提出した理論を裏付けるヒッグス粒子が発見されたとの事で、素粒子物理学界が祭となっている。それでも宇宙を構成する物質の96%は謎の暗黒物質で占められており、やはり「宇宙ヤバイ」なのだが、このヒッグス粒子の発見が物質や時空の本質にせまる新たな物理学を切り開くきっかけになると期待されている。ヒッグス粒子が無いとあらゆる粒子は光速で飛び回り、原子や分子の無い世界になってしまうとの事で、よく意味がわからなくてこのブログ記事を書いているオレがこうして存在しているのも、ヒッグス粒子さんのお陰なんだろう。特に感慨は無いけどw


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-07-05 23:30 | Space