デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0054227_23485833.gif
f0054227_23491370.jpg
f0054227_20274180.jpg
© 2012 SANKEI DIGITAL INC.

藤浪獲ったァ!阪神・和田監督でかしたぁ
ドラフト会場の阪神のテーブル席だけ、まるで甲子園と化した。4球団競合の末、藤浪を引き当てたのは和田監督だった。南社長、中村GMが陣取るテーブルに向かって、くるっと振り返り、会心のガッツポーズ。呼応して立ち上がった中村GMの椅子は倒れるわ、グラスの水も波打つわ。28年ぶりの1位抽選勝利に狂喜乱舞した。「いやぁ、緊張しました。当たるとは…。これは藤浪君の運。甲子園のマウンドが似合うということ」運命の大一番は午後5時25分。オリックス・森脇監督、和田監督、ロッテ・中村球団社長、ヤクルト・小川監督の順にくじは引かれた。和田監督は“神の啓示”を思い返していた。早朝、勝負事の神様として知られる東京都内の神田神社(神田明神)で必勝祈願を行った。これまで験を担がず、“念力”で引き当てるとしていた虎将が土壇場で神頼み。向かうタクシーの中、西宮市に50年住んでいたという運転手から幸運を呼び込む暗示があった。車は皇居の近くに差し掛かった。運転手 「左手に皇居が見えます」和田監督 「……」(これは左やな)運転手 「神田神社までの坂は下から上がっていきます」和田監督 「……」(よし、これは一番下やな)壇上で抽選箱に左手を伸ばし、下から交渉権確定のクジを探し当てた。「ことし1年、ああいうガッツポーズが出る試合が、かなり少なかったんで、これで流れが変わる」。負の歴史に終止符を打った。阪神は1984年に嶋田章弘(箕島高)を引き当てて以来、1位抽選で12連敗。1985年には清原和博(PL学園高→西武)、92年には松井秀喜(星稜高→巨人)、2007年には中田翔(大阪桐蔭高→日本ハム)と大物を取り逃がしてきた。
今年初の明るい話題なんじゃないかw
嶋田弟以来だったんだ・・・。超目玉高卒投手でいうと1966年に4球団競合した江夏以来?
ダルクラスになってほしいけど、メジャー行っちゃうよね(泣)


f0054227_2173382.gif

[PR]
by currybeans | 2012-10-26 23:30 | Tigers
f0054227_2350174.gif
f0054227_16514887.jpg
(写真:毎日新聞)

<石原新党>都知事辞職、衆院選出馬を表明 後継は猪瀬氏
東京都の石原慎太郎知事(80)は25日、緊急の記者会見を開き、都知事を辞職し、次期衆院選に出馬する意向を表明した。比例代表の候補者として立候補する意向だ。会見で石原氏は「新党を作って仲間と一緒に国会に復帰してやろうと思っている」「新党結成は今日でも明日でもやる。準備はできている」などと述べ、知事の後継については「猪瀬(直樹副知事)さんで十分だと思う」との意向を示した。午後3時からの記者会見は50分近く続き、大勢の報道陣に囲まれた石原氏が、憲法改正などかねての持論を延々と展開する場面も見られた。
都知事というポストがホイっと移譲できるほど軽いというのも何だけど、猪瀬さんは発信力という点では五輪誘致を目指す東京にとっては適任かもしれない。しかし80のじーさんに国政復帰させる日本の活力の無さってのは致命的かも。中韓はこぞって日本の右傾化を喧伝するんだろうが、ドイツやアメリカの経済も先行きが厳しい中、世界の行方も混沌としてきた気がする。こういう空気の時に出てくる政治家としては、歴史が証明する通り、石原閣下的なキャラは(良いか悪いかは人それぞれ)適任なんだろう。とにかく政治・行政システムが疲弊しまくって現状打破の兆しすら見えてこないもの。こういう時は「とにかくぶっ壊してくれそう」なリーダーが一般受けするのはもう仕方無いね。左の皆さんは諦めてくださいw


f0054227_1428215.gif

[PR]
by CurryBeans | 2012-10-25 23:30 | News

人権の朝日が・・・

f0054227_2350174.gif
f0054227_22592454.jpg
(写真:産経新聞)

橋下氏「不法団体と一緒だ」と朝日を批判 記者は「(出版は)別会社」繰り返す
日本維新の会代表で大阪市長の橋下徹氏の出自を朝日新聞出版発行の「週刊朝日」が報じたことを巡り、橋下氏は18日、同市役所での定例会見で、親会社の朝日新聞社の記者に対して公式見解を求めた。記者側は「朝日新聞と朝日新聞出版とは別会社で編集には関与していない」との回答を繰り返したが、橋下氏は「トンネル会社を作って、なんでもかんでもやる不法団体と一緒だ」と批判した。週刊朝日は10月26日号(16日発売)の誌面からノンフィクション作家の佐野眞一氏と同誌取材班(今西憲之氏、村岡正浩氏)による緊急連載「ハシシタ 奴の本性」を開始。「本性をあぶり出す」として、橋下氏の実父が被差別部落出身であるとし、実父の遠戚という男性の証言をもとに「(実父が)暴力団の若い衆で、自殺した」「(実父方のいとこが)殺人事件を起こした」などと掲載した。
部数落ちて必死なのはわかるけど、さすがにこれは引くわw
しかも最終ゴーをかけたはずの編集長に速攻で梯子外されてるしw

週刊朝日編集長が謝罪コメント 橋下氏連載「次号で『おわび』掲載」

昨今は日本のマスメディアの堕落ぶりを2ちゃんのみならず、海外のメディアからも嘆かれるようになったようだけど、血筋や出自で人格攻撃する前に、告発すべき事があるでしょ?たとえば下のような復興予算の21億円を中韓との友好促進団体に交付している件とかさぁ。最近のNHKスペシャルのがんばりを見習えよ。

復興予算21億円が中韓友好促進団体に 団体トップは民主大物議員と外務省OB
東日本大震災の復興予算が、復興とかけ離れた事業に転用されていた問題で、総事業費72億円の青少年国際交流事業が注目されているが、全体の約3割、約21億円が中国と韓国との友好を促進する2団体に支出されていた。2団体のトップは、民主党の大物議員と外務省OB。尖閣諸島や竹島をめぐって中韓両国が増長した背景に、民主党政権の弱腰・迎合外交があるとの指摘もあるが、国民はこの復興予算に納得できるだろうか。問題の事業は、外務省の「アジア大洋州地域、北米地域との青少年交流」。震災の「風評被害を抑える」という名目で、41の国・地域の高校生や大学生を招き、被災地との交流を行った。総事業費72億円は、事業を行った外郭団体などに4拠出された。中韓関連でいうと、「日中友好会館」に14億6800万円、「日韓学術文化青少年交流共同事業体」に6億3400万円で、計約21億円になる。日中友好会館の会長は、親中派として知られる民主党の江田五月参院議員で、役員には文科省OBが。日韓学術文化青少年交流共同事業体の日本側代表である「日韓文化交流基金」の内田富夫理事長は外務省OBだ。この事業をめぐっては、先月9日のNHKスペシャルが「被災地での滞在期間2日間で、残り10日間は国内観光」などと問題点を報道。自民党の平将明衆院議員も「学生ではなく、著名なジャーナリストを呼ぶなど、もっと効果の高いやり方があるはず。(震災を利用して)通常なら通らない予算を押し込んだ」と批判し、今年7月に民主党が行った事業仕分けでも「削減」判定が出た。国民に復興増税という負担を強いながら、与野党から効果を疑問視される事業を行っていたとすれば大問題。さらに、隣国とはいえ、41の国・地域分の総予算のうち、中韓両国に約3割が集中するのはどうなのか。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-10-18 23:30 | News

今日のG1

f0054227_1534482.gif
f0054227_1535695.jpg
f0054227_22575952.jpg
© 2012 SANKEI DIGITAL INC.

【秋華賞】ジェンティルドンナ、牝馬3冠達成!
14日の京都11R秋華賞(GI、芝2000メートル)は、岩田康誠騎手騎乗で1番人気に推されたジェンティルドンナ(牝3、父ディープインパクト、母ドナブリーニ、母の父ベルトリーニ、栗東・石坂正)がヴィルシーナとの叩き合いをハナ差制して優勝。史上4頭目の牝馬3冠を達成した。2分0秒4(良)。3着には6番人気のアロマティコが入っている。レースは最内枠のヴィルシーナがハナを主張してスローに流れたが、向こう正面で15番人気のチェリーメドゥーサが一気にまくり、そのまま大逃げの形になって場内は騒然とした。直線半ばでもチェリーはかなりのリードを保っていたが、ゴール手前で外からジェンティルドンナ、内からヴィルシーナが併せ馬の形でかわし、鼻面をそろえてゴール。写真判定の結果、わずかに外のジェンティルに軍配が上がった。


f0054227_2181075.gif

[PR]
by currybeans | 2012-10-14 23:30 | Horse racing
f0054227_23485833.gif
f0054227_23491370.jpg
f0054227_1659847.jpg
© 2012 SANKEI DIGITAL INC.

甲子園が泣いた!阪神・金本、ありがとう
野球の神様が演出した粋な計らいだった。野球選手として最後の試合。3-0の九回二死。目を潤ませながら、左翼に立っていた金本の方向に飛球が上がった。 「何か笑えましたね、ホント。まさかのまさかなんで。簡単な打球でよかったですよ」2005年の優勝時のようにウイニングボールをつかみ、今季最多4万7106人が詰めかけたスタンドに手を挙げた。鉄人の見納め。満場の甲子園が泣いていた。「僕はこの甲子園の左バッターボックスでフルスイングすることはありません。正直言って寂しいです。やり残したことはたくさんあります」ラスト1試合はまさに金本劇場だった。六回先頭打者では、三浦から通算2539安打となる中前打。さらに二盗を決めた。自身のセ・リーグ最年長記録を更新する通算167個目の盗塁でチャンスを広げた。新井の中前打で一気に生還を狙った。届かなかったが、闘志あふれるスライディングで球場を沸かせた。長嶋茂雄にあと1に迫っていた通算打点を伸ばすチャンスは七回二死一、三塁。スタンドが揺れ、地響きのような金本コールが起こった。現役最終打席の結果は捕飛。 「真剣勝負で捕飛だから、ユニホームを脱ぐことを決意したようなもんです。納得しました」壮絶な練習量で鋼の肉体を作り上げた。弱音を吐かず、当たり前のように試合に出て、打つ。阪神にFA移籍し、2003、05年の優勝に貢献した。凄みの塊のような強打者だった。4番としての信念がある。相手のエースと対戦するときは一番いい球を狙った。「俺が差し込まれたら『金本さんでも打てない。俺もダメかも』と思ってしまうやろ。だから、そのピッチャーの一番いい球をガーンといくようにした」教えを請う若手には必ず応じた。「どうしたらいいですか?」と聞かれれば決まって「どうしたらいいか? じゃない。自分がどうなりたいか、や」と返した。今春の沖縄キャンプでは、森田と中谷と食事をともにした。「持ってるもんはいい。あいつらが3番、4番を打つようになる」。割りばしをバットに見立て、イスから立ち上がり助言した。技術的なことでなく、数多く振り込む重要さを伝えた。「生え抜きが4番にならんと強くならん」移籍組でありながら、本気でそう感じていた。虎を本気で愛した。(後略)
横浜の最後の打者は荒波だったかな?グッジョブでしたw
アニキと同期のハマの番長三浦も二桁勝利がかかってたから本気の投球だった。
最後のスピーチで横浜にゲキを飛ばしたのはアニキらしいね。横浜が強くなると、阪神も強くならないと即最下位になるって事だから。あれは阪神へのゲキでもあるのでしょう。記事中にある「生え抜きが4番にならんと強くならん」というのもその通り。そういえば昨日の試合のCS放送の解説は浜中だった。浜中を4番にするために自ら3番を首脳陣に進言したって事もあったような・・・。森田、中谷、そして伊藤隼あたりはアニキ魂を継承してトラの大砲として大成してもらいたい。

星野監督就任から続いた一つの時代が終わった気はする。
アニキ、あざっす!m(_ _)m


f0054227_2173382.gif

[PR]
by currybeans | 2012-10-10 23:30 | Tigers

ヽ(`Д´)ノ くやしー!

f0054227_1534482.gif
f0054227_1535695.jpg
f0054227_23411494.jpg
©2012 SANKEI DIGITAL INC.

【凱旋門賞】V逸…オルフェ2着惜敗
第91回凱旋門賞(日本時間7日、仏ロンシャン競馬場、GI、3歳上、せん馬不可、定量、芝2400メートル、1着賞金228万5600ユーロ(約2億2856万円)=出走18頭)日本から参戦した昨年のクラシック3冠馬オルフェーヴル(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)は2着だった。勝ったのはオリビエ・ペリエ騎手騎乗のソレミア(牝4歳、仏・ラフォンパリアス厩舎)。勝ちタイムは2分37秒68。道中は後方2、3番手を追走したオルフェーヴル。折り合いを欠くことなくレースを運ぶと、直線では世界一流メンバーを相手に歴然の手応えで大外を進出。スミヨン騎手のゴーサインとともにギアを一気にトップへ上げ、残り250メートルで堂々と先頭に躍り出た。「先頭に立ったときは勝ったと思った」というスミヨン騎手の言葉どおり、その後も圧巻の伸び脚を披露。一瞬にしてライバル勢を引き離し、勝利をすぐ手元までたぐり寄せた。ところが、残り100メートルを過ぎて脚いろに鈍り。そこへ地元フランスの4歳牝馬ソレミアの強襲に遭った。なんとか粘り込みを図ったものの、ゴールの目前でまさかの形勢逆転。99年エルコンドルパサー、10年ナカヤマフェスタに続く2着惜敗で、日本競馬の悲願はまたしても叶わなかった。
直線でギアが入って抜け出してくるオルフェーブルを見たとき、日本の競馬ファンの99%が歴史的勝利を確信したに違いないだけにショックがデカイ・・・。ああ、しかも負けたのが12番人気のソレミアに差し返される始末。しかも3着は7馬身ちぎっていたのに。しかも鞍上はオリビエ・ペリエ。悔しい!余りにも悔しすぎる!巷では「デスブログ」として有名な東原ブログがオルフェを応援していたからだ!という声も上がっているが、90年間日本馬の勝利を阻んできた凱旋門賞のマモノがフランス女(牝馬)のハートに火を付けたのだろうか・・・。

【凱旋門賞】ペリエ「走るのやめた」と疑問
第91回凱旋門賞(日本時間7日、仏ロンシャン競馬場、GI、3歳上、せん馬不可、定量、芝2400メートル、1着賞金228万5600ユーロ(約2億2856万円)=出走18頭)格下とみられていた伏兵ソレミアがまさかの勝利。来日経験が多く、日本でもおなじみのペリエ騎手は「ぎりぎりだった。私が1番」と日本語も交えて喜んだ。もっとも、先頭に抜け出してからのオルフェーヴルの走りについては疑問があったそうだ。「追い抜ける確信はなかった。オルフェーヴルはトップに立って(全力で)走るのをやめた」と首をひねっていた。(共同)
記事タイトルがいかにもヤオ・・・的な印象を受けるが、思いっきり内へ刺さって内ラチにぶつかるわで、確かに最後まともに追えてないもんな。理由は知らんが難しい馬なのはみんな知っているので、池添に任せた方が良かったのでは?というのは結果論・・・ですよね。


f0054227_2181075.gif

[PR]
by currybeans | 2012-10-08 23:30 | Horse racing

人食いブタ

f0054227_2350174.gif
f0054227_17114947.jpg
写真のブタさんたちは本文とは関係ありません

養豚場で餌やりの男性死亡、豚に遺体食べられる 米オレゴン
(CNN) 米オレゴン州の養豚場で、豚に餌をやりに行った男性が死亡しているのが見つかった。遺体は大部分が豚に食べられていたという。現地からの報道によると、バンス・ガーナーさん(70)の遺体は9月26日に豚房の中で見つかった。この日午前7時半ごろ、豚に餌をやりに出かけたまま、数時間たっても戻らなかったため、家族が捜したところ、豚房の中でガーナーさんの入れ歯を発見。さらに遺体の部位が複数見つかったが、ほとんどが豚に食べられたあとだったという。地元の検察は状況の特異性から、ガーナ―さんの死に事件性がないかどうかを含め、あらゆる可能性について調べている。ガーナ―さんが豚房の中で心臓発作を起こした可能性や、ブタにぶつかられて倒れた可能性もあるという。遺体はオレゴン大学に送られ、専門家が調べているが、状態から判断すると、死因を究明するのは難しいと見られる。家族によれば、ガーナーさんは昨年、誤って子豚を踏み、メス豚に噛まれたことがあった。ガーナ―さんはかつてベトナム戦争に従軍して心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんでおり、農場が生きがいだと話していたという。
(((( ;゚Д゚)))「ブタって人食うのか!」と思って調べたら普通に雑食だから、状況によっては食うらしいし、前例もいくつか出てきましたわ。あと観たのに忘れてるけど映画「ハンニバル」でも人食いブタのシーンが出てくるとか。う~む、どうもブタって草食動物の先入観があるんだよなぁ。養豚場では「歯切り」といって子豚の時にニッパーで根元から切っちゃうらしいので、鋭利なんだろうね。あとググってる経緯で知ったけど、ブタって体脂肪率低いらしいw 「ブタが!」と罵られたらドヤ顔でいってやろうw
しかしブタにエサをやりにいって自らがエサになるなんて・・・。あとこの人食いブタたちの今後が気になる。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2012-10-03 23:30 | ヤバイ