デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「直ちに」禁止

f0054227_2350174.gif
f0054227_1516502.jpg
北西25キロに高放射線量地域 米エネルギー省発表
米エネルギー省は22日、福島第1原発事故で放出された放射性物質により、放射線量が高い帯状の地域が北西方向に約25キロ広がっているとの観測結果を発表した。日本に派遣された同省の観測チームは、地上から1メートルの範囲の放射線量を計測できる装置を航空機に取り付け、17日から19日にかけて原発から半径約45キロ以内の状況を調べた。その結果、北西方向に約25キロにわたり、1時間当たり125マイクロシーベルト以上の地域が広がっていた。この線量は、8時間で一般人の年間被曝(ひばく)線量限度千マイクロシーベルトになる高い数値。毎時300マイクロシーベルトを超えた地域はなかったという。エネルギー省は約8トンの資材とともに33人の専門家を日本に派遣。日本政府と協力して事故対策に当たっている。
第1原発から北西25キロ圏内は8時間外にいると年間被爆限度量を超える、という事か。
地上1メートルの高さの放射線量を航空機から調べられる装置って日本には無いのかな?
非常に重要な数値だと思うが。
半径45キロ圏内で北西方向がピックアップされている、という事は、そっち方向へ緩やかに風が流れているという事なのだろう。それで下記の記事も合点がいった。

スイスに23日到達も=福島原発の放射性物質
スイス気象庁は22日、福島第1原発事故で大気中に放出された放射性物質が、23日にもスイスに到達する見込みであることを明らかにした。全国100カ所にある測定地点で観測するとしている。スイス通信が22日報じた。スイス衛生局も同日、福島原発からの放射性物質が数日以内に到達する可能性があるとの見解を示した。通常通りジュネーブなど全国5カ所の地上で測定しているが、人体の健康に影響はないとみている。23日に航空機を使って大気中の放射性物質の有無を調べるとしている。
いきなりスイス?どういうルートなのよ?と思ったのだが、米国エネルギー省の北西方向、という発表とは方角的な辻褄は合っている。
しかしよりによって、なんで北西方向なのよ・・・。
世界の原発建設見直しを始め、世界的規模に発展していくのが原発事故の怖さ。
正直、日本は海に囲まれた島国なので、他国へ放射能汚染をまき散らす事が少ない事だけが、今回の原発事故におけるオレ的な救いだったのに・・・。

飯館村でヨウ素117万ベクレル 土壌、直ちに退避不要
文部科学省は23日、福島第1原発周辺の福島県内で採取した土壌中の放射性物質の調査で、同原発から北西約40キロの飯館村で20日に採取した土から、土1キロ当たりヨウ素を117万ベクレル、セシウムを16万3千ベクレル検出したと発表した。土壌の放射性物質の量には国の基準値がなく、文科省は「直ちに退避が必要なレベルではないが、長期的な影響については専門家の判断が必要だ」としている。同原発から北西約45キロの川俣町で18日に採取した土壌からも、土1キロ当たりヨウ素8万4300ベクレル、セシウム1万4200ベクレルを検出した。
これも北西か・・・。しかも「直ちに」を使ってやがる。

深刻さ判断できず=農産物の放射性物質検出-WHO
世界保健機関(WHO)広報官は21日、福島第1原発事故を受け農産物から食品衛生法の暫定規制値を超える放射性物質が検出されたことに関し「十分な情報がなく(健康被害への深刻さに関する)判断はできない」と明確な評価を避けた。事故が完全に収束していないため「漏れた放射性物質の量、影響を受けた野菜や土壌についての調査を現時点で始めることはできない」とも語り、今後の被害の広がりを慎重に見極める構えを示した。
「十分な情報がない」は日本政府への批判だな。
「調査を現時点で始めることはできない」は放射性物質の放出が止まらないとねえ、ということでその通り。という事で、「(現時点で)判断が出来ない」というWHOのコメントは事態の全容が不透明という事を再認識させられる事になり、余計に怖くなっちゃうんだよね。官房長官やテレビの御用学者が「直ちに影響はない」と繰り返すよりは、外部の機関の一歩引いたコメントの方がさらに、ね。

首相、新たに福島産コマツナ…、茨城産パセリなど出荷停止を指示
菅直人首相(原子力災害対策本部長)は23日午前、東京電力福島第1原子力発電所の事故の影響で食品衛生法の暫定基準値を超える放射性物質(放射能)が検出されたとして、福島県の佐藤雄平知事に対し同県産のコマツナ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、カブなどの出荷を当分の間、控えるよう指示した。茨城県の橋本昌知事に対しては、原乳とパセリについて同様の指示を出した。出荷制限は、原子力災害対策特別措置法に基づく措置。21日には福島、茨城、栃木、群馬の4県知事に各県産のホウレンソウとカキナ、福島県生産の原乳に対する指示が国内で初めて出された。今回が2回目。
「直ちに影響は無い」から「食うな」になった。
毎度の産地偽装販売は起きない、と信じたいがジュースとかの加工食品にされたらわからんしね。今後野菜価格も高騰するだろうし、消費者の買い控えもあって生産者もさらに打撃を受けるし、負の連鎖が動き始めるのはこれからだな。
どーでも良くないけど、確かに都内から外人さんが減ってますわ。


f0054227_1428215.gif

[PR]
by currybeans | 2011-03-23 12:30 | News