デイリースポーツを一般紙に!・・・という訳では無い。


by CurryBeans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今日のG1

f0054227_1534482.gif
f0054227_1535695.jpg
f0054227_0372169.jpg

© 2012 SANKEI DIGITAL INC.

【ジャパンC】ジェンティル3冠馬対決制す
同じ勝負服の3冠馬同士による叩き合いは、年下の牝馬に軍配が上がった。内に岩田康誠のジェンティルドンナ、外に池添謙一のオルフェーヴル。2頭だけが違う世界を走るように、ラチ沿いでつばぜり合いを繰り広げる。だが、いったん抜け出したジェンティルドンナは最後まで相手に抜かせることはなかった。写真判定に持ち込まれ、審議にもなったが、岩田は勝利を疑わずガッツポーズを掲げ、ファンの前にウイニングランで帰ってきた。年上の古馬相手に立ち向かう、無謀な挑戦でも何でもない堂々の勝利。しかも、国内で、いや、世界でさえ最強と信じられていた年上の3冠馬を競り負かしての価値ある戴冠だった。レースはビートブラックが逃げ、2番手をトーセンジョーダンが追走。ジェンティルドンナは3番手につけた。ライバルのオルフェーヴルは、後方待機から4コーナーで一気に押し上げて3番手の外まで上がってくる。そして直線へ。逃げたビートブラックを目標にオルフェーヴルが襲いかかると、内でじっと我慢していた岩田とジェンティルドンナのコンビが、ひと呼吸置いてから追い出す。激しく馬体を接触させるシーンもあったが、3冠馬同士のマッチレースがゴールまで続いた。わずかに先に出たのは内のジェンティル。そして、最後まで抜かせず、ハナ差退けたところがゴールだった。3着には出遅れながらも追い上げたルーラーシップが入っている。


f0054227_2181075.gif

[PR]
by currybeans | 2012-11-25 23:30 | Horse racing